ホームページ作りの基本とブラッシュアップの方法

本格的に取り組むなら独自ドメイン取得がカギ

自分のホームページを開設する一般的な方法は、まず独自ドメインを取得して有料のレンタルサーバーを契約します。無料のレンタルスペースを利用する方法もありますが、本格的に取り組むならレンタルサーバーに軍配が上がります。その理由は自分のホームページを完全に自分で管理でき、安全性やSEOなどの面でメリットがあるからです。

作り方の手順は、最初にホームページの方向性を決め、テンプレートなどを用いてトップページを制作します。パソコン上ですべて制作してから公開する方法もありますが、最初にトップページをアップロードし、その後に出来上がったページを順次公開していく方が効率的でしょう。

続いて検索エンジンに登録したり、リンクを張るなどしてホームページに誘導するための仕組みを整えます。

チェックと改善で魅力あるホームページに

ホームページが完成してもスタートラインに立ったにすぎません。多くの人が訪れるサイトにするには、完成後の取り組みが重要です。まずは閲覧数が多い人気のホームページをよく研究し、掲載されているコンテンツやレイアウト、集客の仕掛けなどを学び、良いと思ったことは自分のホームページに取り入れましょう。

またアクセス解析ツールを利用すればさらに細かい修正が可能です。アクセス解析ツールは無料のものから有料の多機能タイプまで様々あります。例えばページごとのアクセス数を調べれば、どのページが人気があり、どのページに人気がないのかを調べることが可能です。アクセスの少ないページは、何が良くないのかをよく考え、改善していきましょう。チェックと改善を繰り返すことでホームページがどんどんブラッシュアップされ、魅力のあるものに仕上がっていくはずです。

専門業者によるホームページ制作では、より完成度の高いホームページを目指せるというメリットがあり、閲覧者からの信頼性も高まります。