Apple Careが切れた!修理はどうする?

Apple Careとは?

まずはじめに、Apple Careとはなんでしょう。簡単に言うと、iPhone専用の紛失・故障を保証してくれるAppleの純正サービスです。Apple Careが切れてしまうと、画面割れや本体交換などの修理対応時に正規料金で請求されてしまうんですね。

このApple Careは購入時にのみ契約することができる保証サービスなのですが、少しでも安価に購入するために加入しない方もいらっしゃいます。ですが、外的要因などで故障してしまう可能性だってありますので、基本的には加入することをオススメします。

Apple Careが切れたらどうしたらいい?

Apple Careの保証期間が切れてしまった場合はどうすればよいのでしょうか。

通常であれば正規料金で修理を依頼する事になりますが、現在は携帯電話キャリアで保証してくれるサービスがあったり、また個人で経営しているiPhone修理専門店も存在していますので、そちらで修理を依頼するのも良いですね。

個人経営の修理専門店をおすすめします!

Apple Careにも、キャリアの保険にも加入していないときはどうしたら!?という方に是非オススメしたいのが、個人経営の修理専門店での修理!

個人店に修理を依頼するのはちょっと...という気持ちもわかりますが、そこはプロ。個人店だからと言って適当に修理しているわけではありません。それに、Appleで正規の方法で修理・本体交換を依頼するよりも格段にお安く修理を済ませることができます。(機種によって価格は異なりますが、例えばバッテリー交換であれば1万円以下で依頼できるお店がほとんど。)

個人店であればその場で修理してくれますし、値段もお安く抑えることができますので、修理で悩んでいる方はご検討してみてはいかがでしょうか!

iPhoneを落としてしまうと、しばしば画面が割れてしまうことがあります。そこで、iPhoneの画面修理をする場合は、修理に対応する店へ持ち込んで直してもらいましょう。