ウェブ制作前にするのは、たった2つだけ!テーマの方向性を決めるために必要なこと

テーマを決める重要性

ウェブ制作では、単に見栄えのするホームページを制作するだけではいけません。テーマを決める必要があります。テーマは、コンセプトやコアコンピタンスとも言い換えられます。つまり、何を強みとするかということです。インターネット上には、数多くの競合サイトがひしめき合っています。インターネットを使って商売をするとなると、競合サイトとの競争に勝っていくにはどうしたらよいか。どうしたらお客様に選ばれるホームページになるかを考えるのが、肝心です。

どうやって方向性を打ち出すのか

テーマの方向性を決定する方法として、まずターゲットの選定が鍵を握ります。最初に自社サイトで商品を購入するであろう人たちの特徴や属性を調査します。消費者の嗜好やニーズを理解するのも大事です。つまり、マーケティング・リサーチを実施します。ターゲット像を把握したら、次は競合サイトを分析します。各社ともに、どうやって見込み客にアプローチするのかの訴求法を考案しています。訴求法がかぶってしまっては、思うように売上は立たないものです。自社の得意分野や強みを元にして、どういった訴求法が有効かを考えます。そして、ターゲットと競合サイトに関しての分析を終えたら、それに合ったテーマの策定に取り掛かります。これならば売れる!と自信を持って思えるテーマが思いつくまで、ウェブ制作の構想を念入りに練ります。

テーマについて闇雲に思案していても、狙いどおりのホームページは作れませんし、成果には結びつきません。大切なのは、ターゲットと競合サイトの分析の2つです。これらを分析して理解できたら、テーマを決めるのがおすすめです。

コーディングとは、プログラミング言語(C言語やJava)を用いてソースコードを書く作業のことを指します。