今更だけど知っておきたい!LEDってなんだ?

LEDとはどのようなものだろう

LEDとは発光ダイオードのことで、電圧を加えることで発行する性質を持つ半導体素子のことをいいます。その優れている点は消費電力が従来の白熱電球に比べると圧倒的に少ない点です。電力を効率よく光に変えることが消費電力を左右するのですが、白熱電球は電力の大部分は発光するよりも熱として使われてしまいます。しかしLED照明器具だと電力エネルギーを効率よく発光することに使えるので、熱の発生も段違いに少なくなりました。そのため現代の照明器具の最も標準的なものとしてLED照明器具が普及しています。

LED照明器具に変えるべき理由

LED照明は発熱量も少ないので、白熱電球のように屋内を暖めるなどの副作用もないほか、触ってやけどをする恐れも少なくなります。また消費電力も少ないので電気代の節約に貢献することができます。また発光ダイオードは長寿命で知られ、白熱電球や蛍光灯よりも長い期間使用することができる点も、買い替えする費用の削減になります。またLEDの性質として紫外線の発生が極めて少なく蛍光灯に比べると数百分の一のものもあります。この性質から、従来の蛍光灯が紫外線の発生によって虫をひきよせてしまうのに対して、LEDは虫が寄り付きにくい効果が得られます。そのため野外で使いやすいというのもLEDの優れている点といえます。当初はLED照明器具は金額が高く買い替えコストがかかったものの、普及に伴い徐々に価格も下がり、従来の蛍光灯などからLEDに変えるという流れが生じたため、LED照明は照明器具としてスタンダードのものとなりました。

ledパネルは省電力設計ですので、常時点灯していても電気代をあまり掛けずに済む事が可能となっています。