ストレスチェックを実施するなら知っておこう!委託業者の選び方

委託業者のサービス内容と費用で比較する

ストレスチェックのためのシステムを提供する委託業者を選ぶならば、会社によって費用やサービス内容に違いがあることを知っておきましょう。パソコンやスマートフォンなどネット環境が利用できる従業員はウェブ調査が行えますが、できない従業員は紙媒体で調査する必要があります。会社によって用紙による調査は受け付けていない場合や、ウェブ調査とは費用が変わる場合があるのでしっかりチェックしましょう。

また、ウェブ調査時にも普段使っているブラウザを使える会社と、委託会社が用意する独自のシステムしか使えない会社が存在します。使い勝手がいいフレキシブルな利用ができる会社がいいならば、回答媒体もしっかり調べることが大事です。

チェック後のフォロー内容をチェック

委託業者を選ぶならばストレスを調べるのみでなく、従業員個人や職場全体の改善のためにメンタルヘルス対策ができることも重要です。専門家が事前面談を行ったり、産業医を紹介してくれる委託業者を調べておくことをおすすめします。高ストレスだと判断された従業員が多く医師による面談を全員行えない場合は、知識が豊富な専門家と事前面談できるサービスがあると安心です。事前面談できると本当に医師と面談した方がいい従業員を、すばやく見つけることができます。

また、証明書を発行できるかも問い合わせましょう。精神的苦痛によって従業員がトラブルをおこした場合でも、証明書があれば健康面のサポートを会社で行ったと証明することが可能です。

ストレスチェックシステムとは、職場において労働者の心の健康状態をチェックする制度です。ストレス調査票により、高ストレスと判断された受検者に対しては、職場環境の改善や医師による面談などが行われます。