インストールは必要?料金はどうやって決まるの?

ネット上から会計システムを利用できる

会社などの経理情報を管理するのが会計システムです。どんなに小さい会社でも、個人企業でも会計業務は必要でしょう。申告などが必要で、手作業で行うのは大変だからです。会計システムは、通常はパソコンに市販のシステムなどをインストールして使います。もちろんデータもパソコン内に保存されます。最近は新しいタイプの会計システムが登場し利用者が増えています。それがクラウド会計になります。インターネット上から利用するシステムで、パソコンにはインストールしません。インターネットが接続できる環境でシステムにログインをすると、システム画面が出てきます。入力したデータもクラウド上に保存されるので、パソコンにデータを残さずに済みます。

ソフトを買うのではなく利用料を支払う

パソコンで利用するソフト、システムを使うときは、基本的にはそれらを購入します。フリーソフトなら無料ですが、購入するときはお店で支払ったり、ネットから支払ったりが必要になります。購入すれば、ライセンスに応じてインストールができるようになります。一般的な会計ソフトも購入をしてインストールをして使いますが、クラウド会計はどんな料金の仕組みになっているかです。こちらはインストールをしません。料金体系として、毎月の利用料が決められています。それを払えば使い続けられます。提供業者によって料金は異なりますが、個人なら1箇月千円ぐらい、法人なら2千円ぐらいで使えるところが多いでしょう。常に最新のシステムを使えます。

クラウド会計とは、インターネット上のソフトを利用して企業等が会計業務を行うことをいいます。パッケージソフトをインストールしたり手動で更新したりする必要がない、端末を選ばないといったメリットがあります。