視聴者重視!ホームページを作るなら見る人の気持ちを考える!

ホームページは見る人が見やすく作る

ホームページはあくまでも見る人が見やすいように作るのが大事です。おすすめしたい情報や紹介したいものを前面に押し出していて、見にくいホームページが多く存在します。見る人は見た瞬間に判断しますので、一目見て欲しい情報がないと分かればすぐに閉じてしまうのです。そうならないために、ホームページは視聴者が見やすいように作る必要があります。画像や色を上手く組み合わせることで見た瞬間にどんな内容が書いてあるかが分かるホームページを作るといいでしょう。

情報を詰め込みすぎないことが大事

情報が満載なホームページは見にくいことが多いです。情報は分かりやすいように区分別にしたり、色分けをして情報が見つかりやすいようにしたりするといいでしょう。情報量を多くするためには文字数を増やすことが大事です。しかし、その増やし方が難しいのです。文字がたくさんあるホームページほど見た瞬間に閉じられるホームページもないかもしれません。文字数を増やすためにはサイトを長くしたり、サテライトサイトを作るといいです。

インターネットはスピードが大事

ホームページが閲覧されない大きな要因として、ホームページを開く時間が関係しています。展開する時間が遅いと最後まで見てもらえる可能性は低くなってしまいます。そうならないようにホームページは軽く作るといいでしょう。開いたらすぐに展開するホームページにするのです。そうすると、視聴者が見る第一段階は突破できます。ここまでの時間が短くなるようにホームページを作りましょう。インターネットの世界では考えているよりも時間が大事なのです。

ホームページ作成をしたいけどどう作っていいか分からない方は、インターネットでダウンロードでき、簡単に作成できるソフトがあるのでそれを使用すると良いです。