ホームページはデザインで大きく集客力が変わる

デザインで見やすくなるのと差別化がはかれる

ホームページは文字だけで特にデザインに工夫がないものだと読みづらくユーザーが負担に感じてしまいます。ある程度内容を評価してくれているリピーターはそれでも最後までホームページを見てくれますが、初めてアクセスしてきたユーザーは負担に感じてすぐに離脱してしまいます。そうなるとせっかく内容のあるホームページを制作して新しいユーザーの獲得が難しくなってしまいます。そのため新しいユーザーにホームページをしっかり見てもらう為にデザインを工夫して見たいと思うホームページや見やすいと感じるホームページを作っていくべきです。
またデザインはホームページの印象を大きく変えるものなので、デザインが特徴的だと一度アクセスしてきたユーザーの印象に残るホームページになります。同じカテゴリーのホームページとの差別化をはかって覚えてもらう為にもユーザーの印象に残る特徴的なデザインにしていくと良いです。

業者に頼むの一つの良い方法

自分でホームぺージをデザインする知識を勉強していくのも良いですが、それに時間を割かれて他の仕事が疎かになってしまっては結果的に損失になります。そのためウェブデザイナーに依頼してホームページのデザインをやってもらうのも一つの良い方法です。
ウェブデザイナーに依頼すると自分でホームページのデザインをする場合と比べて費用がかかってしまいますが、それによってプロの手でデザインをしてもらえてユーザーを獲得できれば長期的には費用をかけてプロに依頼する方が得な場合もあるのです。

反応が良い、感じやすいという意味の英語から、機器の種類や画面サイズによって、自動的にレイアウトが替わる事をレスポンシブと言い、webデザインの一手法とされています。