真似てみよう!ホームページのデザインセンスを磨く方法

ホームページを上手くデザインできない?!

いまやどの会社も自社サイトを運営しているものですが、個人でもホームページを作ってみたいと考える人は、大勢います。ところが、ホームページの作り方を覚えたところで、デザインが意外に難しく手こずった経験はないでしょうか?なぜかそれらしいホームページが作れてしまう人がいる一方で、大多数は上手くデザインできないのが実情です。「デザインの良し悪しはセンスで決まる」と、主張する人もたまに見かけます。しかしだからといって、センスのせいにして手をこまねいていては、良いホームページをいつまでも作れるようにはなりません。

デザイン性に優れたホームページの作り方

では、どうしたら見栄えのするホームページを作れるのでしょうか?実は、ホームページのデザインにもコツがあることは案外知られていません。格好いい、オシャレなサイトには、共通点があります。それは、型を知っているか知らないかです。スポーツでもゲームでも、まずは上手な人の真似をしますよね?ホームページのデザインもこれと同じです。最初からデザイン性に優れたホームページを作れるものではないので、とりあえず上手く制作できているホームページを真似てみればいいのです。格好がよく見えるサイトには、型が存在しています。なぜ格好がよく見えるのかを、いきなり理解するのは難しいものです。そこで、手始めに真似てみるのが効果的というわけです。もちろん、パクってはいけません。参考にできる箇所を参考にして、自分のホームページに取り入れていきます。そして、こうした作業を何度も繰り返します。すると、次第に自分の個性が生まれてきます。

レスポンシブwebデザインとは、パソコンやスマートフォンのどちらからでもサイトのデザインを大きく崩すことなく表示させる技術のことを言います。