人に見てもらえる動画配信って?コツをご紹介!

更新頻度の高さがポイント!

動画配信で人により多く見てもらうには、更新頻度が重要になります。目標は一日に一度の更新です。更新頻度が遅いところは、だんだんと忘れられたり飽きられたりして、見てもらえなくなっていきます。

高い更新頻度だと、視聴者の興味を維持し続けることができます。

知ってもらうための宣伝も大切!

どんなによい動画を作っても、人に知ってもらわなければ、見てもらうことはできません。そのために必要なのが宣伝です。SNSやブログを利用して、できた動画はどんどん宣伝していきましょう。

更新頻度が高ければその分、宣伝の回数も増えるので、人の目に触れる機会が多くなります。

だから更新頻度は高い方がよいのです。

興味を持ってもらえる内容を!

動画の内容ももちろん大切です。「○○してみたらとんでもないことに」「衝撃の展開」など、何が起こるのか興味を引く内容だと見てもらえる確率は高くなります。また、みんな興味は持っているけど、自分でやるのは面倒くさい、というような内容も需要が高いです。

そのほかに、専門技術をわかりやすく説明したもの、未知の分野を紹介したもの、可愛い動物の動画などは人気が高いですし、流行に左右されることなく一定の視聴者を期待できます。

配信者のキャラも大切!

動画に配信者が出演する場合、配信者のキャラを愛してもらえるかも大切です。応援しようと思える人なら自然とファンも増えていきますし、ファンの方々が宣伝してくれることもあります。また、配信者の動く姿を見たくて動画を見るという人も出てくるでしょう。

コメントをくれる人には必ず返したりと、地道な努力が必要になります。

ストリーミングとはデーターをダウンロードしながら動画などを同時に再生する技術の事です、昔は通信速度が遅くファイルの圧縮技術とセットで発展してきた歴史があります。